国産ペットフード ZEN 🐶

高級国産フ ZEN®

厳選食材を贅沢に使用した国産プレミアムフード。
日本国内生産、主原料国産。合成保存料無添加。

ZEN(ゼン)は、主原料に国産品を使用した日本製のペットフードです。(総合栄養食)

新鮮な鹿や猪の生肉や生魚、厳選した農作物を使い、低温でじっくり調理することで食べ物本来のおいしさを残し栄養をできるかぎり壊さずに作ることが出来ます。合成保存料、合成酸化防止剤、着色料、香料無添加で仕上げ、食材そのものを生かした独自のレシピを採用しています。

品質に妥協をせず、自信を持ってオススメできるドッグフードをお客様にご提供することをお約束致します。

原材料へのこだわり

主原料は国産原料を使用し、その他の原料についても出来る限り国産に拘りました。中国産原料は不使用。安心できる原産地の食材のみを使用しています。

ZENでは全てのフードで第一原料に生肉を使用しています。人工的な香料の添加やオイルコーティングをせずに、生肉を始めとした素材を生かした自然の美味しさで、嗜好性を高めています。

原材料に使用されている猪肉や鹿肉、魚はミール(乾燥肉粉)を使用せずに、生肉や生魚から低温でじっくり調理しています。もちろん、使用している原料は、人が食しても全く問題のない高品質な食材です。

国産ペットフードZEN
白身魚

日本近海で水揚げされた新鮮な白身魚を生魚のまま使用しています。白身魚は良質なタンパク質を多く含み、カリウムやカルシウム、リン等のミネラルをバランスよく含んでいる低アレルゲンの食材です。

猪生肉

日本国内で捕れた新鮮な野生の猪肉を使用しています。猪肉は、良質なたんぱく質やビタミンB群を豊富に含んでおり、野生動物であるため抗生物質やホルモン剤の残留リスクがない安全性の高い低アレルゲン食材です。

鹿生肉

日本国内で捕れた新鮮な野生の鹿肉を使用しています。鹿肉は、良質なたんぱく質を豊富に含んでおり、野生動物であるため抗生物質やホルモン剤の残留リスクがない安全性の高い低アレルゲン食材です。

小豆

国産あずきを使用。あずきはイソフラボンやフラボノイド類、ポリフェノール、ビタミン、ミネラル等を豊富に含み、邪を祓うという赤い色を持つことから、古来より神事・祭事等に利用されてきた日本で馴染みの深い食物です。

さつまいも

国産のさつまいもを使用しています。さつまいもは、食物繊維やミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれており、ヤラピンというさつまいも特有の成分は胃腸の健康維持に役立ちます。

りんご

りんごはポリフェノールやビタミン、ミネラルを豊富に含む果物です。英国では「一日一個のリンゴは医者を遠ざける」と言われており、リンゴ特有の成分であるアップルペクチンは、良好な腸内環境の維持に役立ちます。

ZENプレミアムに配合されている機能性原料

ZENプレミアムは、各臓器の健康維持に配慮した機能性原料を配合し、組み合わせています。わんちゃんと飼い主様との楽しい生活を1日でも長く過ごして頂けるよう、総合栄養食として毎日与えて頂くことで健康的な日々をサポート致します。

脳

脳の健康に配慮

天然のポリフェノールの一種であるフェルラ酸を配合。脳機能の健康に配慮しています。

腎臓

腎臓の健康に配慮

消化性に優れた動物性たん白質を使用し、EPAを豊富に含む魚油を配合。腎臓の健康に配慮しています。

胃腸

胃腸の健康に配慮

オリゴ糖や乳酸菌生成エキス、有胞子性乳酸菌を配合。腸内フローラのバランスを整えることで、胃腸内の健康に配慮しています。

生き生きとした犬

免疫力の維持

H61乳酸菌や乾燥酵母、えのき、ガーリック、カンゾウ抽出物、酵素処理ルチンを配合。免疫の維持に配慮しています。

被毛

皮膚の健康に配慮

DHAやEPAを含むクリルや魚油、α-リノレン酸を含むえごま、ラウリン酸を含むココナッツオイルを配合。皮膚の健康に配慮しています。

関節

関節の健康に配慮

コラーゲンペプチドやプロアントシアニジン(ポリフェノールの一種)を含むグレープシードエキスを配合。関節の健康に配慮しています。

腸

便臭に配慮

便臭抑制効果があるリモナイトを配合。消化過程で発生する硫化水素とアンモニアを吸着し、便臭を抑制します。

お客様の声

うちの子が食べて大丈夫な唯一のフード

もう10年以上フードジプシーを続けて来ました。あらゆるフードで下痢〜血便、脂漏症〜皮膚炎など常に体調不良で、手作り食も試してみましたがアレルゲン除去食では栄養バランスが難しく途方に暮れていました。ZENプレミアム・ワイルドボアと出会い、この一年でやっとアレルギー症状が落ち着いてきました。鹿やシラスには反応してしまうので今はワイルドボア一択ですが、将来的に選択肢が増えるるとありがたいです。

2021.6.16

ZENプレミアムドッグフードしらす

初めに店頭で試食品を頂いて、めちゃめちゃ食い付きが良かったため購入しました。フードはあまり食べ無い子が、ガツガツ食べるので、白身魚のフードも購入しました。総合栄養食だし、体に良さげなのでずっと飽きずに食べてくれるといいな〜

2021.6.5

食いつきがちがいます

胃腸が弱く、アレルギーもあるため病院から指定のフードを与えているのですが食べなくなったので、こちらのフードと混ぜて与えると食欲回復しました。しかも、フードは丸飲み派だったのですが、今はよく噛んでポリポリ食べています。香りも味も食感も良いみたいです。

2021.6.4

いい感じ

昨年暮れくらいから、涙やけで目の周りと口の周りの毛が茶色に変色して、色々調べたら鶏肉、牛肉にアレルギーが出てるのかもとの事で、鹿肉、猪の肉を使ったフードがあると知り、こちらのサイトで、最初はベニソンアダルトシニアを2ヶ月程試しましたが、少し良くなった感じですが余り改善が見られず、先月にワイルドボアアダルトシニアに変更しました。うちの子には猪のが合ってるのか、気づいたら涙やけ、ヨダレやけが無くなっていました。まだ始めたばかりですし、不整脈もあり、前立腺肥大で睾丸も取っていて、かなり体重が増えてしまっていたんですが、毛艶もツヤツヤで、体調も良さそうなので、頑張って長生きしてもらいたいので、体調を見ながら続けて行きたいです。沢山買っても管理が大変なので、口コミで欠品が多く日にちがかかると書いてあったので、700gを3袋買って居ますが小型犬ですし、高齢犬なので、1回開封したら、先に半分ほど別袋に乾燥剤を入れて残りは空気を抜いて密閉して涼しい場所に置いて居ます。350gずつ2袋に分けて頂けた方が凄く嬉しいのですが、、、暑くなると開封後の品質が心配なので、定期便をお勧めされましたが、食べきる少し前に注文させて頂くつもりです。

2021.6.3

犬フード グレインフリーベニソン

アレルギーの多い子なので、助かってます!
気に入ったみたいで他の療法食は食べなくなりました。
飽きるのが早くて困ってますがこれは続いてます。
700gが1kgでこの値段なら良いんだけど
ちょっと高いので変わればもっと買いやすくなる
と思います!

2021.6.3

よく食べます

1歳のチワワを2匹飼っています。
食糞と食べムラに悩んでいました。
こちらを知り合いの方に教えてもらい、早速試したところ、いつも食いつきの悪かった1匹が、ものすごい勢いで食べました!
もちろん食欲旺盛なもう1匹は、相変わらずすごい勢いで食べました。
そして、食糞も少しですがマシになりました。(まだ食べてますが...)
高価なので、少し安価なドッグフード と混ぜて与えています。
これからも続けて与えていきたいと思いました。

2021.6.1

ZENへのよくあるご質問

  • Human-Grade(ヒューマングレード)の原材料を使用したペットフードでしょうか?

    ZENは、人が食しても全く問題のない高品質な食材を使用して製造されています。「Human-Grade」という表記を「人用と同様のレベル」と考えますと、ZENは人が食する事が出来る原料のみを使用しているため「はい」となりますが、「Human-Grade」の定義が曖昧ではっきりしておらず、現状はメーカーの自己申告となっている状態です。

    AAFCO(米国飼料検査官協会)においても、ヒューマングレードと宣伝されているかどうかは製品の安全性へ影響を与えないと明記されています。ZENでは、曖昧な表現を出来る限り避けるために「ヒューマングレード」という表記は使用していません。

  • 便が増えたように思いますが、何故ですか?

    ZENでは、便が小さく少ないほうが良いとは考えていません。便の成分のうち大部分を占めるのは水分で、未消化の食物残渣の割合はごく僅かだと言われています。未消化の食物残渣が仮に2倍に増えたとしても、便の総量は僅かしか増えません。便が増えたように感じられるのは、未消化の食物残渣が増えたわけではなく、水分量が増えたことによるものと推察されます。

    また、未消化の食物残渣の一部には食物繊維が含まれていて、食物繊維は消化されなくとも健康維持に役立つと近年では考えられています。

    ZENは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を豊富に含んでいます。殆どの水溶性食物繊維と一部の不溶性食物繊維は、成分表の粗繊維には含まれませんが、私達は食物繊維が健康維持に役立つと考えているため、食物繊維が豊富に含まれる原料を採用しています。

  • 歩いているときに足がふらついたり、ガクガクしています。関節のサポートを考えた場合に、どの種類が適していますか?

    ZENでは、関節の健康維持に配慮して、全てのラインナップにコラーゲンペプチドを配合しています。どの種類を与えて頂いても、コラーゲンペプチドを摂取することが出来ます。

    コラーゲンは、関節の構成成分として存在しています。コラーゲンは、通常吸収しにくいとされていますが、ZENでは、ペプチドまで分解されたコラーゲンを使用することで、消化吸収性を高めています。

    また、ZENは、運動量が少なくなりがちな日本の室内犬に配慮して、カロリーを調整しています。脂質源も、魚油や亜麻仁油を使用し、原材料として陸上動物由来の油脂を添加していません。体重管理の面からも、関節の健康維持をサポートします。

  • 高齢になり腎臓の機能が低下してきていると獣医師様より指摘を受けました。合うフードはどれになりますか?

    腎臓の機能が低下した場合には、一般的に低リン食が推奨されます。また、タンパク質については諸説ありますが、ZENの研究開発チームでは積極的に高タンパク食を取る必要は無いと考えています。

    まずは、「プレミアム ドッグ ワイルド ボア アダルト&シニア」か「プレミアム ドッグ ベニソン アダルト&シニア」、「プレミアム ドッグ グレインフリー しらす アダルト&シニア」をお勧め致しますが、グレインフリー3種についても、リンの含有率が高いわけではありませんので、軽度から中度の腎疾患であれば問題ないと考えます。ZENに使われているたんぱく質は、生物価(タンパク質の利用効率)が高いものばかりですので、腎臓に負担を掛けにくいとされ、その点でも腎臓の健康維持に適しています。タンパク質の過度な摂取を防ぐためにも、適切な給与量をお与え下さい。

  • 肥満気味でダイエットをしたいのですが、適したフードはどれですか?

    ZENで、最もダイエットに適したフードは、最もカロリーが低い「プレミアム ドッグ グレインフリー フィッシュ」になりますが、「プレミアム ドッグ グレインフリー ベニソン」と「プレミアム ドッグ グレインフリー しらす アダルト&シニア」も同程度に低カロリーですので、どちらを選んで頂いても良好な結果が得られるかと思います。量の調整をして頂き、適正体重になってから標準量に戻して給与して下さい。

    一般的なダイエットフードは、タンパク質量も抑えられている場合が多いため、筋肉量も同時に減少して健康面でのマイナスが生じる可能性がありますが、グレインフリーシリーズは、十分なタンパク質を含みながら低カロリーですので、筋肉量を維持しながら健康的な減量を行う事が出来ます。

    標準体重に戻りましたら、どの種類を選んで頂いても、日本の室内犬の体重維持を考えてカロリー等を調整していますので、適正量を与えて頂ければ肥満になる心配はございません。