賞味期限が長いように思いますが、合成保存料を使っているのでしょうか? - 国産ペットフード ZEN

賞味期限が長いように思いますが、合成保存料を使っているのでしょうか?

ZENでは亜硫酸ナトリウムやソルビン酸カリウム、デヒドロ酢酸ナトリウムといった合成保存料は一切使用していません。

酸化防止を主目的として配合している原料は、ローズマリー抽出物とミックストコフェロールとなり、全て天然の酸化防止剤です。これらはコストが高い原料ですが、フードの酸化を出来る限り抑えることが重要だと考えて採用しています。

また、当社が使用している原材料自体には各種ポリフェノールが多く含まれていて、ポリフェノールを含む原料は健康維持への効果を主目的に配合していますが、酸化防止にも効果を発揮します。

ドライフードが一般的な食品より長く保管できる大きな要因は、製造過程で加熱殺菌されていること、水分活性が低いこと、密封性がある袋が使用されていることによります。ZENにおいても、水分を抑え、遮光性と密閉性に優れたアルミ袋を採用することで、袋を開封しない限り通常の保管環境において長期間保存することが出来ます。それらに加えて、ZENでは脱酸素剤を袋内に封入することで、袋内に残った酸素を取り除き、作りたてのおいしさを出来る限り保てるように配慮しています。

開封後1ヶ月は持つように調整していますが、合成酸化防止剤と比べると天然の酸化防止剤は酸化防止効果が低いとされているため、開封した後は出来る限り空気を抜いて密封した上で、湿気の少ない暗所で保管して頂き、早く使いきって頂くようお願い申し上げます。