動物病院で健康診断をしたところ、胆嚢(胆のう)機能が低下している可能性があると指摘を受けました。合うフードはどれになりますか? - 国産ペットフード ZEN

動物病院で健康診断をしたところ、胆嚢(胆のう)機能が低下している可能性があると指摘を受けました。合うフードはどれになりますか?

胆のうの機能が衰えた場合には、胆汁の供給に影響が出る場合がございます。胆汁の供給障害が懸念されるケースでは、消化吸収に時間がかかる脂質の摂取を避けることが推奨されます。

ZENでは、脂肪の消化吸収性を考慮して、主脂質源として、ラウリン酸を含むココナッツオイルやDHAやEPA源となる魚油、α-リノレン酸を豊富に含む亜麻仁油を使用しています。

消化吸収に時間がかかるとされている飽和脂肪酸のうち長鎖脂肪酸に分類されるパルチミン酸やステアリン酸が多く含まれる牛脂や豚脂といった動物性油脂は使用していません。

また、食物繊維の摂取も推奨されていますが、ZENでは、難消化性デキストリンやサイリウムといった原料を使用しています。これらの原料は、水溶性不溶性双方の食物繊維を豊富に含んでいます。

どの製品を選んでいただいても問題はないと考えております。